Production C-time!

ニュース

導入事例:株式会社 感動ハウス様

2020年07月16日配信

株式会社感動ハウス様のWEBサイトにC-time Cloud CMS(C3)を採用いただきました。不動産固有のオリジナルな更新画面を設定で用意できる点、専門家不要で利用でき今後のメンテナンスが容易になる点、配信の高速性をご評価いただきました。

複雑な物件情報の更新を支えるオリジナル更新画面

株式会社感動ハウス様では、従来WordPressのプラグインを用いたWEBサイトを構築されていました。しかし、表示速度、更新に対する柔軟性、セキュリティー面での懸念などの課題を抱えており、リニューアルを検討されていました。そんな中、C3のコンセプトである柔軟性、および、安全性、高速性をご評価いただき、ご採用いただきました。

感動ハウス様のサイトでは、不動産の物件情報という複雑な情報を取り扱います。C3はオリジナルの更新画面を設定で用意できるという特性を持ち、お客様の要件にあった過不足のない入力フォームをご提供できました。

C3利用経験がない制作会社がすぐに活用できる平易さ

また、今回のリニューアルにあたってかかわった制作会社は、C3の利用は未経験の状態での参画となりましたが、HTMLの構造を破壊せずそのまま使用するテンプレートエンジンは、普段からなじみの深い技術の応用で対応することができ、短期間での構築が実現しました。

高速で安定した表示の実現

C-time Cloud CMSで管理するWEBサイトは、強固なCDNサービスを通じて配信されます。低レイテンシーでの高速表示が実現され、サイトを閲覧されるお客様の体験の向上も実現いたしました。

C-time Cloud CMSでは、本件事例のように、大規模で複雑なサイトにおいても、最適化されたエディタの用意、人材確保、高速性や安定性といった観点からサイト運用を強力にサポートいたします。

ご不明点などがあればお気軽にお問い合わせください。